沖縄のオススメダイビングスポットはどこ?

やっぱり外せない!青の洞窟へのダイビング

日本屈指のダイビングスポットが集まる沖縄県。コバルトブルーの海と白い砂浜、サンゴ礁の森の中を悠々と泳ぐカラフルな熱帯魚――そんな幻想的な景色が沖縄の海の中には広がっています。しかし沖縄のダイビングの魅力はそれだけに留まりません!
特に沖縄本島の恩納村真栄田岬には「青の洞窟」という有名なダイビングスポットが存在しています。青の洞窟とはその名の通り、トンネル状の洞窟に太陽の光が差し込んで海底で反射する事で、水面が青く光り、青い世界が広がっている場所です。自身の体力や予算に合わせて、泳いで洞窟を目指すか、多少割高ながらもボートで洞窟に向かうを選ぶ事ができるので、初心者に優しいダイビングスポットです。ツアーによってはサンセットカヤックや、マリンスポーツを一緒に楽しめるプランもあるので、1日中沖縄の海を満喫する事ができます。

離島のお勧めダイビングスポット

お勧めのダイビングスポットは沖縄本島だけでなく、離島にもたくさんあります。例えば、8月から10月にかけては石垣島の川平湾でのダイビングがお勧めです。ここではマンタスクランブルと呼ばれる、マンタの密集地帯があります。 日本最西端の与那国島では、オフシーズンの冬の沖縄の中で、珍しく書き入れ時になります。黒潮の海に囲まれた絶海の孤島なだけに、ハンマーヘッドシャークの大群を始めジンベイザメやカジキ、クジラやイルカといった大物を見る事ができるのです。また自然の偶然の産物なのか、古代人が造ったものなのか、未だ物議を醸している海底遺跡まで潜る事もでき、浪漫を求めて日本中からダイバーが集まります。 宮古諸島の下地島では「通り池」でのダイビングが人気です。通り池は2つの池底が海と繋がる上級者向けのスポットですが、サーモクラインと呼ばれる現象によって、池底が黄色や緑、グレーなど様々な色に変化し、とても幻想的です。

© Copyright Dive And Travel. All Rights Reserved.